散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:戯言( 25 )
友達がいるとわかってるって素晴らしいことじゃない?
不安になるとき

どうしていいか分からなくなるとき


そんなときでも

あなたたちの笑顔が浮かべれば

勇気が湧く


実は顔も知らないあなたの笑顔までも!

とてもチカラになっているのです

ありがとう


わたしを一瞬でも思ってくれる人がいる

そう思うだけで心に灯りが灯る


人はみんな灯りのよう

色も熱も大きさも違う灯り


あなたがいてくれる

そう思うだけでとても心強くなる

私の灯りもまた燃えはじめられる


私たちはそうして

生かし生かされているなあ


ありがとう

ありがとう

あなたにありがとう


☆オマケ☆
昔の倉庫からお蔵出し「wonder」
b0008241_17462941.gif

[PR]
by nikopy | 2007-05-21 17:50 | 戯言
甥に姪に
少しずつだけど
会うたびに
ぐんと成長しているね

目を離しているすきに
ぴっかりと咲いている
花のようだ

きみは
出来ないところを
気にしているようだけど

ちゃんと
しっかり
進んでいる

会うたびに
どんどん大きくなってる

また君にあえる日がとても楽しみ

うまく言葉では伝えられなかったけど

そうやって
みんな
誰かに
見守られて
愛されている

のだな

のだな
[PR]
by nikopy | 2006-10-30 13:37 | 戯言
ハレルヤ
畳の上に寝転がり

コンポから流れてくる課題曲のハレルヤ

窓の向こうに

秋空は雲がゆっくりと流れていく


平和 へいわ HEY平和(汗)


雲の上に神様がいると思っていた子供時代

そんな絵をかいたこともあったっけ

なんてぼんやり

今ある些末なことを放り投げて

ぼんやり

まるで雲の上にのっかっているような気持ちで

ただ転がる

ハレルヤ
ハレルヤ

天国はここにある

いま ただ ある ことの平和さを感じたのだよ
[PR]
by nikopy | 2006-09-27 18:28 | 戯言
世界で一番大きな雪だるまを作りたかった男の子
雪だるま
雪だるま

たくさんの雪がふってきた
こんなにたくさんの雪があるのなら
大きな大きな雪だるまを作らなくては、と考えた男の子は

高い高い山に登り
雪玉を転がし始める
そしてそれは
下手(しもて)に作られた雪だるま達さえ飲み込んで
どんどん
どんどん
大きくなっていった

「僕が一番おっきいんだー!」
うれしくて
うれしくて
大きな声で自慢した

みんなも
「凄いね、格好いいね」
「ちょっと怖いかも…」
「もっと、もっと!頑張れっ」

調子に乗ってまだ転がる
どんどん大きくなる雪だるま

けれど冬は続かない
ものすごく大きくなった雪だるまも
いつしか
地の暖かさ
陽の暑さに
溶かされて…

また春が来る

雪は水もの
天に返して
また降るもの

すべては
ずっとずっと持っていることなんて
出来ないんだね
[PR]
by nikopy | 2006-01-25 10:59 | 戯言
ひとりにひとつ
のぞいてごらん
心の中に
暖かく
ともる
光がある

私たち
それぞれに
ひとつづつ
美しい光

忘れないで
悲しいことがあって
心が真っ暗な縁に落ちていっても

あなたはあなたの光をもっている
決して消えない光をもっている
b0008241_10481224.jpg


さあみて
いま光はどんな色をしている?
[PR]
by nikopy | 2006-01-25 10:49 | 戯言