散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:映画と読書( 82 )
猿の惑星 創世記
b0008241_12351970.jpg

猿の惑星 創世記を観てきました。
こりゃCGがあるから作れるんだよな、と感心。いろいろ考えさせられる良くできたお話でした。
しかし人間のような深い表情のシーザー君、描くのムズイ~!!!


ちなみに元映画「猿の惑星」は観てなかったりする(-m-;
ラストシーンだけテレビでみかけた記憶はあるのですが

そこから連想
「惑星から追放された~♪」というエンディングテーマの番組はなんだったかしら
と記憶の引き出しがガタピシな今日この頃でございます☆
[PR]
by nikopy | 2011-10-12 12:39 | 映画と読書
ゲキシネ 薔薇サム♪
昨日広島バルト11で「薔薇とサムライ」を見てきました~♪
生を東京で観たのは約2年前くらい。

ハードロックや日本歌謡にミュージカル調な音楽、楽しければ何でもありの豪華な舞台♪
真面目な人が観たら、ちょっと引くかもしれませんが
素晴らしいエンターテイメント作品です(^^)♪
もうオープニングから、ワタシの体の中はゾクゾクワクワクがとまりません☆

今回の話は前作「五右衛門ロック」の主人公五右衛門(古田新太)が
ヨーロッパの海賊達と組んでいるところ王国の謀に巻き込まれて~という話(わかるか?)

天海祐希演ずるアンヌの美しさったら半端でありませんし
ボニー役の神田沙也加ちゃんもさすがのオーラです♪可愛いし☆歌もキャラもgood♪
その他もシャルル王子のド王子なはじけっぷり
橋本じゅんさんのたまんないキャラ♪

ええ、ええ、語り出したら止まらなくなるくらい
劇団☆新感線の作品は全ての役者さん達それぞれが
いいもん&わるいもん問わず良い味を出しまくっているのです。

生の演劇も良いのですが、
ゲキシネはそれぞれの表情がよくみれて、これもまた良いのです♪

間に15分はさんで3時間強ですが楽しくて、あっという間☆
ドキドキして、いっぱい笑って元気になれる素敵な映画です。

気になった方は、だまされたと思って是非一度ご覧くださいませ♪
ちなみに普通の映画料金とは違い2500円かかりますが
下手なライブより絶対楽しいですよん(^o^)p
あー、もっかい観たいわん☆
[PR]
by nikopy | 2011-07-15 08:50 | 映画と読書
ブラックスワン
久しぶりの映画

見たかった「ブラックスワン」

ナタリーポートマンの熱演は素晴らしく
バレエってこんなすごい動きをするんだ~と鳥肌

でも恐かった。

ナタリー演じるニナの「白鳥の湖」主役を得てからの
現実が妄想が入り交じっている世界

白鳥役だけならほんとニナそのもの。
繊細でオードリーヘプバーンを彷彿とさせるような可憐さ。

お話は「白鳥の湖」初日にクライマックスを迎えます。
その時のニナの踊りったらすごかったです。
何かが乗りうつっているようで…。


恐かった。。。でも素晴らしい作品でした(--)

ちなみに繊細なニナは、昔々の青池保子先生の漫画「イブの息子達」に出てくる
「ヒース、私を見て」と小刻みに震える白鳥さんをなんとなーく思い出させた(-m-)
そうよ私の引き出しなんてこんなもんさ(笑)

さて、今回も八丁座で見たのですが、
会場から出るとき、赤ワインフルボトルをグラスでお楽しみなされたカップルを発見。

おされ~おとな~しゅてき~(-m-)☆

b0008241_10122887.jpg

[PR]
by nikopy | 2011-05-18 10:26 | 映画と読書
デザートフラワー
b0008241_7383231.gif

これも実話が元になった映画ですね

最初のシーンは主人公ワリスがアフリカの砂漠で山羊を弟たちとつれ歩いている
大自然の中の美しいシーン。

そんな彼女が世界的トップモデルへの道へ
主人公の美しさはため息ものです。

だけど…以下ネタバレ☆

++More++
[PR]
by nikopy | 2011-02-08 08:03 | 映画と読書
セラフィーヌの庭
b0008241_7253967.gif

先週金曜日サロンシネマにて
「セラフィーヌの庭」鑑賞

++More++
[PR]
by nikopy | 2011-02-08 07:37 | 映画と読書
今週の鑑賞2本
b0008241_1936427.jpg

八丁座でアンコール上映で1000円でやっておりました♪
月曜日は「悪人」
木曜日は「告白」

どちらも悲劇、で心理劇。
不幸の連鎖劇ともいえるような。。。

それでも悪人は周りのベテラン役者さん達(榎本さんや樹木さんや松尾スズキなど)
の演技が重みを加えていて、「告白」はどちらかというと「演劇」っぽい感じ。

主要出演者の年代の違いもあり
どちらも現代なのにカラーが全く違っていた。

私は「悪人」原作既読「告白」未読
「告白」は最後、圧倒されてしまったので、こっちも読んでみたいなと思いました。

それにつけても八丁座のシートは広くって立派で気持ちいい!
ありがたいことにまだ寝てませんが(笑)

素敵な映画館なのでぜひ広島の方はご利用くださいマセ!
[PR]
by nikopy | 2011-01-28 19:48 | 映画と読書
武士の家計簿
b0008241_22414838.gif

今日はふかふかソファーの八丁座で鑑賞
昨日とは打って変わって時代劇

借金がかさんだ猪山家を
家財を売り払い、質素に過ごすことで
立て直す、ご算用者猪山直之

貧乏なんだけど、質素な食事をいただく姿さえ潔く
美しくみえて、すこしは見習わなくては、という気持ちになりました。

父役の中村雅俊や母役の松坂慶子もチャーミングで♪
西村雅彦も今回は嫌な臭さがなくてよかった(^^)

ほっこり、クスクス出来るところもあり
良くできたヒューマンドラマでした。
[PR]
by nikopy | 2011-01-20 22:59 | 映画と読書
ソーシャルネットワーク
b0008241_22302353.jpg


今年初の映画
久しぶりだったから、映画が始まる前にすっごくワクワク~♪

しかし洋画でもあり
マシンガントークが続いたせいか

字幕を追う目がちかちか☆
疲れましたが

こんな世界もあるんだ~
こんなサクセスストーリー(実話)があるんだ~と圧倒されるお話でした。
[PR]
by nikopy | 2011-01-20 22:41 | 映画と読書
SP野望編
ようやく映画「SP野望編」を観てきた~♪

あのドラマにはまったのは
以前、広島に居たときだからもう3年ほど経過しているんだよな~。

それにしてもアクションがすごかった!
昔の太陽に吠えろ並に走って走って走りつづけ

壁やら車の上走ったり。トラックの上で戦ったり。
まるで「マッハ!!!!」ではないか。(昔のタイ映画)

あれをノースタントで出来るのだから。
岡田君の肉体はすごい。

そして周りも味も力量もある役者さん達なので
観ていてとても気持ちが良い。

しかしお話は後編があるせいか
スッキリしないまま(当たり前ね)

あああ、どうなるのかしら~。

来年の革命編が楽しみなのである。

ちなみに、私はバラエティーやCMで見る岡田君には、ちいともときめかないのに
映画やドラマの彼にはなぜかドキドキしてしまうのです~。

もちろん堤さんも相変わらずかっちょよかった。
上司だけど謎と闇があるから相乗効果でますます引き込まれる。

おやおや、
SPを知らん人には全くノーサンキューな吐露でございました☆
でもこの映画見るなら、ドラマ観てないとね。楽しみが減りますです。


そうそう、予告で「ヤマト」やっとったけど
アニメやったんがキムタクなので
どうも気分がイスカンダル、もとい違和感が~(><)

それよか、「ガンツ」の方がまだ観る気になるのは松山ケンイチだからかな~。
「ノルウェイの森」も映像がきれいそう~。

さあ、今度みる映画はなんだろな。
[PR]
by nikopy | 2010-11-17 17:59 | 映画と読書
映画ドンジョバンニ
昨日、映画「鈍序盤に」…もとい「ドンジョバンニ」を見に行ってきた

その帰りの川沿いチャイクリングで見かけた
橋桁にぶら下げられた紐にサギっちと鵜2羽

写真ターイム♪とばかり自転車を停めてカメラで撮影
しかし、カメラは無情にも「記憶できません」とのたまう。

メモリーカードをPCに刺しっぱなしだった!
しょうがないので携帯で「ちゃらりーん」撮影
b0008241_151564.jpg

こんなんも一眼レフとか持ってたら格好良く撮れるんかな。
ま、重いし、自転車だと恐いから、やっぱコンデジやよな。


ちなみに映画「ドンジョバンニ」
モーツアルトと一緒に歌劇ドンジョバンニを作った詩人ダ・ポンテが主人公。

劇中ではドンジョバンニと重なるほどの放蕩者のご様子。

しかしモーツアルト以前に沢山の「ドンジョバンニ」バージョンがあったとは知らなかった。
ってか、お話自体知りませんでした。名前だけ~。

ということで、こういう背景で、そういうストーリーだったのか、と
ほんのちょっとですが理解することが出来ました。

絵画のような景色(多分に絵画を使っているような気がする)に
美形の主人公(割れあごな主人公)とヒロインの美しさ

悪役歌姫も割れあごだ~(--)と変なことに感心したり。

あの時代の独特なファッションとともに
音楽の気持ちよさを堪能しました(^^)

やっぱり話はわかって観たほうがより面白いのでしょう。
これでもう一度アマデウスも観たらどうだろう?

大学時代に観たっきりだ~。完璧忘れてるじょん、どばんと。

参考文献(?)モーツァルトとダ・ポンテ
コレを読むと、映画とはまた違う感じがした。

他にも調べるといろいろあって面白い。
映画をまんま受け取ってもいけなさそうだわ。
[PR]
by nikopy | 2010-09-02 15:02 | 映画と読書


りんりん☆リンク
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧