散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:映画と読書( 82 )
映画 ジョイフルノイズ
昨日はクイーンラティファ目当てで録画した「ジョイフルノイズ」を鑑賞
久々のゴスペル映画

なかなか面白くて、音楽がとっても気持ちよい映画。

More
[PR]
by nikopy | 2014-07-15 10:04 | 映画と読書
素敵な人生のはじめ方
b0008241_9112923.jpg

昨日はのんびり録画映画を鑑賞
モーガンフリーマン主演

最初からのどかだなーと思ってたけど
事件もなくたんたんと話は進む

スーパーマーケットの中で興味深そうに歩く彼の姿を
観ているだけでもいい感じ

にこにこクスクスしながら鑑賞終了♪
いい味でてる、地味深いスープみたいな映画かな(^^)

More
[PR]
by nikopy | 2014-07-14 09:39 | 映画と読書
カラスの教科書とか
b0008241_9374935.jpg

前回の記事の翌日に図書館で見つけた本
「カラスの教科書」

なんというタイムリー
イラストのとぼけた感じも気に入って早速借りて読みました

中身の挿絵イラストもおもしろくて
カラスの生態もわかりやすかった。

意外と小心者で面白いヤツラなんだということが感じられた。
作者のカラス愛のせい?

で、カラスの攻撃を受けるのは
やはり雛がうまく飛べない時期だからで

実際には警告として鳴き声で威嚇しているらしい
それでも巣の近くにいたりしていると

最終的に攻撃される。
でもコワイから真っ向勝負はしなくて、大概後ろから頭攻撃なんだそうな。

お陰様で、ちょいとカラスを見る目が変わりました。
なかなか面白いので、気になる方は読んでミソ♪


オマケ
b0008241_9455022.jpg

魔女講座を受けてから、興味を持ち借りて読んだ本2冊。
どちらも、新しい刺激を与えてくれるよき本でありますた♪

美しい言葉って響く~。
[PR]
by nikopy | 2014-06-13 09:48 | 映画と読書
みみずの女王
b0008241_1022155.gif

今回の朝ドラ「花子とアン」
見るつもりはなかったのに

実家に里帰りしているときに
母が録りだめしていたのをつきあって見てたら

結局見てしまうようになっちゃった(--;

そういや村岡花子さんって赤毛のアンの訳者だったな
と見て気がつく

今は彼女が童話で賞をもらったところ
b0008241_10234316.jpg

その童話「みみずの女王」って
ネットの近代デジタルライブラリーというところで読めるんですね
便利な世の中や~。

お話、なかなか面白かったですヨ(^^)
[PR]
by nikopy | 2014-05-24 10:26 | 映画と読書
えいよ えいが
ここ数日の間にHDにたまったデータを消化すべく
録画映画をみたみた観た

「アフロ田中」
「花とアリス」
「大鹿村騒動記」
「おおかみこどもの雨と雪」

どれもなかなか面白かった。

「アフロ田中」は原作青年漫画(未読) 男子のお馬鹿さがかわいいにゃー。
松田翔太君もイイ役者さんだ~。お馬鹿もOKか、いろんな顔ができるのね。

「花とアリス」は少女漫画テイスト 女子の残酷さと美しさがたまりゃない
大島弓子風味だね。平泉成さんが若かった(^^)最後のバレエシーンがいいんだ。

「大鹿村騒動記」は村に300年伝わる歌舞伎がクライマックス
役者さんたちが豪華で達者(^^)

「おおかみこどもの雨と雪」アニメだからこその表現もあり美しい
この場所はどうみても富山の山やな。

この頃は1年経たぬうちにTVで見れたりするなあ
映画館で見た方がじっくりできるけど
気楽に楽しめるのはありがたい。

ということで、HDも少々空き容量ができたので一安心
ちなみにオットのHDは別の機械でござるので、争いはなかったりする
でもあの人の残容量たしか昨日で4時間…ぷっ☆
ご自愛くだされませ。
[PR]
by nikopy | 2014-04-21 19:05 | 映画と読書
映画とIKEA立川
b0008241_1041786.jpg

昨日は立川に
「アナと雪の女王」日本語吹き替え版を観に行った
まだ春休みなのかな?
私の椅子を一つ置いて横は
いがぐり頭の詰め襟3人組やら
前方には子連れママさんチームがいらっしゃいました
b0008241_1065484.jpg

お嬢さんたちは
映画泥棒のCMやら同時上映のミッキーの映画
本編の映画も雪だるまのおかしなシーンなどで
けらけら楽しそうに笑っていましたが
ディズニーアニメだからか、邪魔に感じることもなく
妙に、ほのぼのした気持ちで見れました。

ミュージカル映画なのですが
松たか子さんや神田沙也加さん他の歌声もとてもよかった
英語オリジナルバージョンもいいんだろうから聞き比べてみたいなあ(^^)

映像もキレイで(ほんと今時の映像技術ってスッゴイ)
あっという間の鑑賞時間でした。

b0008241_10355442.jpg

そう言えば先日公園で女の子たちが
「ぎゅっとしてー♪」とか抱っこごっこをしていたのは
この映画を見ていたからかな~とか思ったわ

More その後は…
[PR]
by nikopy | 2014-04-11 10:36 | 映画と読書
もっと泣いてよフラッパーを観てきたよ
b0008241_17255117.jpg

昨日の晴れ間にBunkamuraのシアターコクーンに
「もっと泣いてよフラッパー」を観てきました

話は全然知らなくて、松たかこさんと松尾スズキさんが出る音楽劇
ってとこで、チケットを買ってみたのです。

始まりは映画「シカゴ」のオープニングの音楽と同じ感じだにゃ?と思ったら
舞台はシカゴのレビューで踊るフラッパーたちのお話。なるほど。

お話はショーが変わる夢かホントか?な
おもちゃ箱みたいにごちゃっとしたかんじでしたが

主人公のジル(松たか子)さんも魅力的で歌がすばらしくよかったし
なにより念願の松尾スズキさん(ギャングのドンのアスピリン役)の演技を生で見れて
それがまた笑えて、味があって、それを体感できて嬉しかった♪♪
ほんとに雰囲気だけで面白い~(^^)p

他にも石丸幹二さん(声も立派だった)や、りょうさん(きれい~声は可愛い)
大東駿介(彼だと気づかなかった、案外立派な体なのね。豚鼻笑いをするとは!)
フラボー嬢役の鈴木蘭々(歌声もなかなか良かった♪)
また片岡亀蔵さんの皇太子役には泣けた…。

これをビックバンド&役者さんたちも演奏に加わって
なんとも豪華なショーを楽しめました(^^)

女たちは、いろいろあるけど最後も逞しく生きてゆく
男たちとは違う生き物なんだなって感じかな。


もともとこの劇は'77年初演で吉田日出子さんが主演だったそうです。
こっちもちょっと気になりますわ。

それにしても、生の音楽や演劇を観るのは
私の栄養だな~♪と実感。

なかなかの、お値段ですが
またそのうち、ぴんとくる演目があれば楽しみにいきましょう♪

ワタクシの若さと健康のためにネ(むふふ)
[PR]
by nikopy | 2014-02-14 17:46 | 映画と読書
地獄でなぜ悪い
b0008241_9143434.jpg

先日渋谷で映画「地獄でなぜ悪い」を見てきた。
ずーーっとソノコ アツシだと思っていた園子温(ソノシオン)監督の作品

堤真一さんや星野源ちゃんがでてる~♪という軽い気持ちで観に行ったけど

凄いぜ クールだぜ 笑ったぜ。最後の血みどろシーンは阿鼻叫喚。
血しぶき上等。手、足、首が飛びまくり。

白い粉をキメた彼の観る地獄はお花畑に七色の血しぶき
私には面白かったけど、「素直に面白かったから観て!」
と万人には勧められない作品どす。

だれが主人公なのかわからないくらい
クレージーな奴ら(まあ極道の話っちゃー話なんすけど)がでてて豪華

堤真一、國村隼、友近、二階堂ふみ、長谷川博己、星野源さんたち6人がメイン
その他にもいろいろ…岩井志麻子さんもちょろっと出ててびっくり☆

ギャグみたいでオソロシイ姿の星野源くんやら
堤さんの顔芸にも参りました

ほかにも見所はありまくり
長谷川さん演じる映画バカの妄想世界(現実も)もすごかったけど

これは監督の脳内をも反映しているんだろうね


その前にみた「謝罪の王様」は、はるかに脳天気
楽に見れますわあ。

ああえらいもん観てしまったぜい(^^;
うひゃひゃひゃひゃ~。
[PR]
by nikopy | 2013-10-10 09:32 | 映画と読書
演劇
b0008241_931014.jpg

金曜日にシアター吉祥寺にて演劇「冒した者」を観てきた

出演者
田中哲司/松田龍平/松雪泰子/長塚圭史 他

松田くんや松雪さんが生で見れるのか~♪とミーハー気分で行ったら

なかなか重たい演劇でした

時代は戦後まもなくの頃
妻を亡くし、作家として演劇を描くことにも意欲を失った主人公「私」
その住まいの屋敷に身を寄せた9人が一見穏やかに過ごしているところに

「須永」(松田龍平)という青年がやってくるところから
なにかが変わり始める

松田くんは幽霊っぽいなよっとした男性役で
イメージと変わらない雰囲気

松雪さんはアダっぽい姐さん役

他の方々も迫力のある演技、声


ただ一番印象に残ったのは
ヒロイン?というか桃ちゃんという盲目の少女が
とても天使的でかわいかったこと。

空気感が他と違うからかな。

見終えた後、また思い出して
考えさせられる、お芝居でした

ただ今度は明るい面白いのを見ようと思う。(疲れたので)

残念なのは宮藤官九郎さんの
演劇「バカロックオペラ」に落選したこと…(ToT)ちぇっ
[PR]
by nikopy | 2013-10-08 09:50 | 映画と読書
ムシむし無視?
b0008241_1065373.jpg

先日ジャケットに惹かれて図書館で借りた本
西田賢司 著「わっ! ヘンな虫~探検昆虫学者の珍虫ファイル」

コスタリカで昆虫研究をしている方が著者

神秘的というか
機能的というか
芸術的というか

自然の造形や仕組みには感心してしまいます
しかし夫はこの本を見るのも嫌な「ムシ愛づらない君」なので

本を持っていると、退去を命じられます。

まあ、作者が腕の中に卵を産み付けられ
それが出てくる様子まで写真にのってますから

ちょっとその部分はオゾゾです。
b0008241_1017457.jpg

まあ私も二次元だから見れるのかもしれません。




このときは

「蚊が脳梗塞を治す!昆虫能力の驚異 (講談社+α新書)」
長島 孝行著

という本も借りました

生物の機能を私たちの生活や環境に利用しようと研究しているといったお話
人類より以前から生きている命のシステム利用しない手は無い

シルクは紫外線もカットする優れた機能を持ち、
それは蚕のみならずいろんな虫たちが幼虫を守るために

卵やら繭などの内張にしているという話が興味深かったです。
今年のUVは絹でブロックすべか?

たまに知らない分野の世界を覗くのも楽しいものです。
[PR]
by nikopy | 2013-07-11 10:25 | 映画と読書