散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
四国旅行その7~道後温泉
四国漫遊記その1はこちらをクリック★

桂浜から南にさかのぼり西に向かえばそこは松山。
松山のインターを降りる少し前で目にした学校の校舎には
「血と汗と涙」なんて書かれていて、ぎょっとしました。
熱血がここにある…。
熱い熱いぜ松山。私たちも心を引き締めインターを降りたのだ。

まずはちと遅い昼食
松山市内の中華料理屋にて定食。
店内はジャズが流れ、ボーイさんの格好をしたウエイターがいて中華に?とおもったけど
これがなかなか美味しかった♪
b0008241_9491543.jpg

満たされて店を出たら目があった猫。貫禄あり。
カメラを向けても動揺すらせず。
b0008241_9492536.jpg

ではいよいよ道後温泉とまいりますか~
お泊まりは道後プリンス
道後温泉本館とはちょっと離れているけど
このかわゆいバスで近くまで送ってもらえるサービスあり。
b0008241_953469.jpg

バスを降りた先は坊ちゃん列車が止まっている駅そば
b0008241_9542651.jpg

向かいの商店街近くにはからくり時計
これが
b0008241_9545952.jpg

こうなります。
b0008241_9553733.jpg


からくりパーティを楽しんだ後は道後温泉本館へ
温泉のお湯はホテルのも同じと聞き
本館では見学コースを選択。
小柄で蝶ネクタイの似合いそうなオヤジがスーツを着て案内してくれた。
皇室専用のお風呂とお休みどころは撮影禁止でした。

皇族の方がいらっしゃる玄関は東向きで別にあり
そこから入りすぐにお休みどころ。
奥には天皇がお座りになる椅子がありその後ろに三種の神器が飾れるようになっていた。
次は階段を下り庭を眺める和室。北側に見える庭はアニミズムの世界だそうで
石で亀やフクロウなどに見立てられる庭造り。昔は塀の先は草が茂り遠くには山々が見えていてもっと風流だったとのことです。
その後、湯へ。まずは着替えの和室があり、その向かいに石で階段状になった風呂がありました。お湯は入ってませんでした。木の椅子がありそれを置いて湯浴みをなさったとのことでした。

案内はそれくらいで
あとは夏目漱石が休んだ休憩室をのぞいて帰りました。
b0008241_10101591.jpg

b0008241_10104842.jpg
b0008241_10105935.jpg


以前は道後温泉のお湯はこの本館のみだったので皇族の方もこちらで入られたそうですが
その後お湯をホテルや旅館にひけるようになってからは、皇族の方もホテルを利用されるようになったそうです。安全面から言ってもしょうがないのでしょうね。

その後ホテルに戻り夕ご飯
b0008241_1015764.jpg

辛口というにはさっぱりしたのどごしの小富士
b0008241_10153066.jpg

お肉も出ました☆
b0008241_10154469.jpg

デザート♪
b0008241_1016392.jpg

おなかぱんぱん。どれもこれも美味しくて幸せでした♪
それでもちょっと休んでから温泉と露天をはしごして
リラックスルームでマッサージチェアにいっちょもんでもらい爆睡。
これはお風呂セット。
b0008241_10184918.jpg

朝は男湯と交代した露天風呂に直撃し朝食
こちらのバイキングも美味しくて幸せでした。
わたしこの頃和食傾向強しだわ。
b0008241_10193843.jpg

本日も良い天気
こんどはうどん責めだ!

その8へつづく
[PR]
by nikopy | 2007-01-30 10:21 | 旅行
<< 四国旅行その8~さぬきこんぴら 四国旅行その6~桂浜 >>


りんりん☆リンク
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧