散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
秦野ちゃまつり その1 さんぽと懐石
b0008241_1224214.gif

「秦野でお茶摘みするよ~」とのりま魔女先生にお誘いいただいて
台風一過の先日に、お茶ま してきました。



b0008241_123339.jpg

約一ヶ月半ぶりの秦野です
植物たちも生き物たちも元気元気
もさもさの毛虫に普段見かけないでっかい蜘蛛もみたよ
b0008241_1252156.jpg

ちょいとお昼まで時間があったので
庭の木イチゴやエンドウ豆などつまみつまみした後、散歩にでかけた。

魔女講座でたき火をした場所はあおあおとしたスギナが大行進
わたのり君の大好物「チョマ」もぐいんと生えてました

彼女にとっては食べるためではなく繊維を採るもの
昔の日本の麻といえばコレだったらしい
でも、先っちょは天ぷらにしても美味いそうだよ♪

大木の藤に似た良いにおいの花をくぐり抜け
クレソン畑でちょっと採取。芹も一緒にとっていたわ。
b0008241_12121815.gif

そのごこもれびの気持ちよい場所でひと心地
鳥の声もきこえてきて、ココロが穏やかな気持ちになる
b0008241_12145060.jpg

もどって全員集合したところでお昼 懐石の準備
カゴにホウバを乗せて皆の持ち寄った食材を乗せてゆきます
b0008241_12145923.jpg

玄米おにぎり おいなりさん 人参のラペ サツマイモ 夏みかん 焼き空豆に
ここで採れたタケノコ(東京に一度移動しているそうな(^^))
摘みたてのクレソンもそえて~♪
b0008241_12194970.jpg

同期のタケノコはもうオタケさん☆
どれも素晴らしく美味しくて、幸せが身体の中にみち満ちるのでした。

途中にはのりまのレクチャー。
懐石には 旬の物を 素材を生かして 客をもてなす という意味があるそうだ

ウィキペディアに寄れば
懐石(かいせき)は、日本料理の一種で、本来茶の湯において正式の茶事の際、会の主催者である亭主が来客をもてなす料理

とのこと、つまり、これから茶会が始まるのだ

ということで その2へ つづく
[PR]
by nikopy | 2015-05-15 12:27 | 魔女講座
<< 秦野ちゃまつり その2 摘んで... ぶらり途中下車 >>