散歩deカメラ♪のんきな主婦のひとりごと
by nikopy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
紫の魔法2 魅惑のむらむら江戸ムラサキ(?)
b0008241_14542221.jpg

スープタイムの後にはコチニール染め
コチニールってウチワサボテンに付くカイガラムシの雌(出産直前)が材料

参考図書に挙げられていた「完璧な赤 欲望の色をめぐる帝国と密偵と大航海の物語」
の図録をみると、緋色の様な濃い赤。レンブラントの絵にも使われていたらしい

大変貴重なモノで新大陸で発見されたこの赤色染料を奪い合うため
国同士さえ荒々しい戦いをしていたという歴史がある。

いまじゃソーセージの成分にも「コチニール」って見かけますぞ。



さて実習
b0008241_1545059.jpg

まずはミョウバン液に染めるための糸や布を漬けこんでおき
その後コチニールを袋に入れてぐつぐつ煮だした液につけ込む
素材によって温度や取り扱いに違いがあり要調整

きなりの素材が液につけたとたん紫色に美しい~と思いつつも
思わず唾液が…(^^;梅干し的反応?葡萄ジュースのような酸味を想像した?

約30分、ときどき揺らしながら染めあげ
途中は紫レクチャー
b0008241_1594118.jpg

魔女先生の持参した、紫紺やサザンカで染めた布を見せていただいたときは
先生の話も上の空で魅入られたようになったのは紫魔法のせい?

続いては紫根みつろうリップバーム作成
b0008241_15125319.jpg

溶かして混ぜるだけでとっても簡単
b0008241_1513439.jpg

盛り上がったのは、リップをケースに入れるとき
綺麗に表面張力一杯入れたいっっと張り切りました(^^)
「欲望は はみ出しやすいの 気をつけて♪」
溢れたリップもぬぐって使えば大丈夫☆

コレはちょいと紫根の香りがごま油っぽいので(嫌なニオイではないよ)
作るときにエッセンシャルオイルを使うと香りも楽しめるかも

ほんの少量のミツロウとホホバオイルでできるので
エッセンシャルオイルもあるし、是非今度作ってみよう☆

蜂の巣みつを食べて、にちゃにちゃっと残るミツロウを
ためて作ろうかなと言っていた強者魔女もいたよ。

b0008241_1519495.jpg

今回の魔法では「コチニール」や「ミツバチのミツロウ」などを利用しているので
虫に関するエピソードをシェア

昆虫は考えてみれば一番地球で栄えていてすごい能力をもっていたりする
先生の聞いた話では、
宇宙人が攻めてきても、人間より昆虫の方が注目されるから助かる(笑)とか
視点、価値基準の違いで見方は変わる

ほかのエピソードでも
一概に嫌なモノ、排除するということでもなく、共存、利用、テリトリーというキーワードが。
人間関係でもそう、大切なことだ。

虫や紫のコトだけでも、魔女たちと話をしていると広がるし、とても為になる。

b0008241_15191868.jpg

最後の体操
レクチャーの中にあった首の話から(ほ乳類はみんな首の骨の数は7つなんだって!)
膝を抱いて力を使わずに体を起き上がらせるには頭を上手に使うといい

簡単に起き上がられる魔女、手こずる魔女(笑)
そこから尾骨とか骨格の話になり

ピラティストレーナーをしている魔女さんプレゼンツ
立ち方呼吸の仕方のレクチャー
その立ち姿が自然で美しい彼女に惚れ惚れ
(絵にも描けない美しさだけど描く~♪)

b0008241_15342577.jpg

目に見えるギリギリの紫
高貴でありがたい紫
むらむら欲求不満チックな紫
めくるめく色の世界は深いゾーン。

さあ、次回は最終回
魔女先生のフィールド秦野の地で総勢14名が集う予定
グランドフィナーレ?それとも始まりの始まりか?

まっくろくろすけ出ておいで~☆(テーマは黒)
乞うご期待(^m^;


オマケ☆
b0008241_15361563.jpg

私の染めた子何を編もうかな♪
[PR]
by nikopy | 2014-10-27 15:44 | 魔女講座
<< ベランダ近況 紫の魔法1 ぷろろーぐぅ☆ >>